上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年のクリスマス、手元(床)に携帯を置いていた私。
どういう偶然か昔お世話になっていたピアノの先生に発信していました。
着信を見た先生がかけ直してくだり、お互いびっくりしつつも久しぶりにお話することができました。


>いやぁ、ビックリしましたよ(^▽^;)
 めったにかからない方から、しかもクリスマスの晩にかかって来たから、コチラからかけてみたんです。
 もし、かけなかったら、お話出来ませんでしたね。
 正に「Xmasの奇蹟」、私にとって、素敵なプレゼントとなりました(*^▽^*)


私も「〇〇先生」という着信を見てビックリドキドキで電話に出ました。
手の完治が無理で、ピアノを手放したことを先生だけには言えずにいたんです。
クリスマスの夜にそんな暗い話をしても、奇蹟のプレゼントと受け取ってくださり恐縮です。


>もし、かえでさんと同じ立場になったら、私も多分同じようにするだろうな。
 けれど、出来れば、少しでも再び、ピアノに向かって欲しいな、と願っています(^∇^)


かえで=うさぎ(私)です。
お電話でもおっしゃってくださいましたが「ピアノに向かって欲しい」って救われるお言葉。
ピアノを手放した現状は元より、以前のように弾けないっていう葛藤がまだ苦しいかもしれない。
でもまたいつか心から弾きたくて、妥協しないで打開したい気持ちになるなら〇〇先生に師事したいです。


>ゴスペル...正に、ある意味「ポリフォニー」かもですね☆彡
 バッハって、全ての音楽の源だと思います。
 メロディーも声部の重なりも、そしてハーモニーも。
 今も、音楽に関わっていらっしゃる事が何よりです(*^▽^*)


手を使わないでいい音楽、歌...
そんなきっかけでゴスペルを始めた私。
音楽の父なるバッハがとっても苦手だったんです。
でも、今になってもっと勉強しておきたかったと後悔。
音楽って、楽器やジャンルが違えどどこか共通点があるんですよね。
そんなことを見つけていくのも今の楽しみです。


話は変わり。
今日はレディースデイだったので「のだめ」を観て来ましたよ。
そこで終わるかっ!wって感じでしたが、家に帰って漫画を読み直してみて納得な気もします。
千秋先輩の父は出てきませんでした。
今春の最終章での父の登場に期待したいと思います。
どのあたりで終わったのでしょうか?
Secret

TrackBackURL
→http://tukiusagi724.blog68.fc2.com/tb.php/62-332c9499
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。